ICT CONNECT 21、教育現場へのICT導入・運用サポートをさらに強化するための団体「GIGAスクール構想推進委員会」を設立

ICT CONNECT 21、教育現場へのICT導入・運用サポートをさらに強化するための団体「GIGAスクール構想推進委員会」を設立

GIGAスクール構想とともに一気に加速する、教育現場のICT導入

先日「GIGAスクール構想実現に向けた今とこれから~日本マイクロソフトの取り組み」にて、2019年から進められているGIGAスクール構想について取り上げた。

GIGAスクール構想の実現について
https://www.mext.go.jp/a_menu/other/index_00001.htm

この方針のもと、教育に関わるすべての人々が、初等中等教育段階でのICT普及・推進に取り組む動きが活発になってきた。2020年5月28日、一般社団法人ICT CONNECT 21が設立した「GIGAスクール構想推進委員会」もその1つだ。

50以上の企業・団体・教職員・個人による「GIGAスクール構想推進委員会」が設立

GIGAスクール構想推進委員会は、ICT CONNECT 21の旗振りのもと、初期メンバーに50以上の企業・団体・教職員・個人が参画した委員会で、それぞれの立場、役割から、ICT業界の知見を結集し、初等中等教育段階でのICT導入・運用サポートを目的としている(初期メンバーなどについては報道発表資料(PDF)を参照)。

設立時には4つの部会を準備

設立時には、同委員会のもと、次の4つの部会が用意された。

  • GIGAスクール構想推進部会
  • 情報発信部会
  • 学校支援部会
  • 利用促進部会

この中で、とくに注目したいのが、情報発信部会で用意された「GIGA HUB WEB」である。GIGA HUB WEBは、GIGAスクール構想にまつわる様々な情報を集約したポータルサイトとなっており、文部科学省からの公式情報の他、業界ニュースや自体ニュース、さらには、自治体ごとの学校数・生徒数・教育用/学習者用PC1台あたりの児童生徒数などの、最新のファクトを閲覧できる。

2020年5月時点での千代田区の状況。このように、GIGA HUB WEBでは、指定した自治体の状況が確認できる

役割や立場の壁を越えての活動を目指して

GIGAスクール構想推進委員会はでは、次のような活動を予定しているとのこと。

  • GIGAスクール構想に必要な情報・知見の収集と共有
  • 教育委員会・学校・先生のICT活用の相談窓口
  • GIGAスクール構想機材(端末・ネットワーク)のの整備に関する支援
  • ICT講習会等を通じた端末・ネットワーク整備後の利活用促進
  • 国・自治体への政策などの提言

EducationTomorrowでは、これからも同委員会の活動に注目しながら、メディアの立場からの知見の共有、そして、ICT導入・運用促進をサポートしていく。

(Visited 63 times, 1 visits today)

Related Post

Other Articles by 馮 富久